来場予約

資料請求

西三河の要衝「知立」。
卓越した交通利便性を手中に。

江戸時代、日本橋から東海道39番目の宿場町「池鯉鮒(ちりふ)宿」として整備され、
周辺地域の経済的中心地となった知立市。
現代では、名鉄名古屋本線と三河線が接続する「知立」駅を中心に、
中京大都市圏の主要幹線道路にもアクセスしやすい西三河の交通結節点としてのポジションを誇ります。

名鉄本線の「牛田」駅へフラットアプローチで徒歩7分。
ライフシーンに応じて、電車と車の使い分けが容易です。

名鉄名古屋本線の駅ならではの機動力。
名古屋都心へもラクラク通勤。

「牛田」駅のお隣り「知立」および「新安城」駅まで所要2分。名鉄名古屋本線ならではの利便性で愛知県内の主要都市はもちろん、「知立」及び「新安城」駅乗換えで刈谷・豊田・西尾方面へもラクに移動できます。

中京大都市圏の主要幹線道路を利用し、
あらゆる方面へスムーズアクセス。

知立市内を縦貫する衣浦豊田道路(国道419号線)により、国道1号線・23号線・155号線といった主要幹線道路や伊勢湾岸自動車道へ接続しやすい立地ポジション。様々な場面で優れたカーアクセスを発揮します。

静穏な住宅街でありながら、優れた生活利便性を享受する「エルグランデ知立南陽」。

あらゆる生活施設が徒歩圏に点在。「知立」駅前の商業エリアとは異なり、「住」に重きを置いたベッドタウンとしての生活利便性に優れ、 日々暮らしやすさを実感することができる静穏な住宅街です。

※掲載の環境写真は令和4年2月に現地周辺を撮影したものです。一部人物イラスト合成やCG加工を施し実際とは異なります。
※掲載の航空写真は令和4年2月に現地周辺を撮影し、一部CG加工を施したもので実際とは異なります。
※掲載の距離は地図上からの概測であり実際とは異なる場合があります。所要時間は徒歩・分速80m、自動車・分速667mで換算したものです。信号待ち等の時間は含まれておりません。
※掲載の鉄道所要時間は令和4年8月現在の通勤時及び日中平常時(括弧内)のもので、季節・曜日・時間帯によって異なります。また、乗換え・待ち時間が含まれております。
※掲載の鉄道路線図は地図を基に描き起こした概念図で実際とは異なります。
※掲載の各種施設は令和4年2月現在のものであり、将来にわたってその所在・営業が保証されるものではありません。予めご了承ください。